スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よもも
 
[スポンサー広告
エンディングノート
先日、この本を読みました。

あまりテレビを観ないよもたんなので、この方をあまり知らなかったのですが、
以前、亡くなられたこと、このような本を出版されたことは、Yahooニュースで読みました。



最後は、じ~んとくる本でした。


よもたんは、両親を癌で亡くしてますので、癌という病気は身近なものです。
闘病生活の苦しさも知ってます。

だから、私が癌であると宣告されたら、治療はせず、ゆっくり死を迎えたい。
今はそう考えてます。

が・・・・。こういう人に限って、死にたくないから手術してくれ~~~と泣き叫ぶのかもしれませんが・・・。
(健康である今は、死を目の前にすることは考えられませんね!)


この本を読んで、
死を目の前にした時、自分のエンディングノートが書けるであろうか?と、
自分に問うてみたくなります。



私も、癌でこの世を去るのではないだろうかと感じてます。
人間は日々、「死」に向かって生きてます。
あの世では、両親が迎えてくれると思うと、死を恐れることはありません。

何が怖いって!
生きてる間に、できることをやらない事の方が怖いのです。

死に向かって生きているのだから、一日一日を納得いくように、
楽しく生きなければいけませんね!

健康である今は、そんな事は忘れてしまいがちですが、
健康であるのだから、やれる事やっとかなくっちゃ!!!!!



そんなよもたんですが、まだまだ死ねません。

20140514_04.jpg
(お行儀の悪いよもたんですみません)

ソファーに座れば、べったり族がいます。

この子たちを残しては死ねませぬ!
母はまだまだ、やりたい事を残しておりますので、元気に頑張ります。







本日もポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓


written by yomotan
Posted by よもも
comment:0   trackback:0
[ぼそぼそ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yomomotan.blog134.fc2.com/tb.php/924-5a3506aa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。