スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よもも
 
[スポンサー広告
ごめんね
1カ月くらい前からかな…
ももの散歩の時にとても気になる猫さんがいました。
丸まっていてもガリガリだってわかるその身体が
なんだかとても痛々しかったです。
性別はおそらく女の子だったと思います。

それでもいつも同じ場所にいて
私が呼びかけたり近づけば逃げてしまう。
彼女はいつもこの場所で、彼女だけが信頼できる人を
待っているかのようでした。

誰かに優しくされているのか、ご飯はちゃんともらえているのか
そしてこれからの季節、寒い冬を越せる事ができるのか
とても気がかりでした。
でも、気になりつつも、私自身もあと一歩踏み出す事ができませんでした。

今朝、ももの散歩の時に、横たわる彼女の姿を見つけました。
朝つゆに濡れた彼女の身体はすでに硬直が始まっていました。
寒かったよね…ごめん…。

急いで段ボールを取りに戻り、その中へ彼女を寝かせました。
初めて触れる事ができたその身体はまだ少しだけ温かかったです。

雨が降る前に、せめてまだきれいな身体のうちに
彼女を箱の中へ寝かせる事ができただけでもよかったのかな。
結局、自己満足でしかありませんが…。


猫さん、
あなたは誰かに愛されてましたか?
誰かに優しくしてもらっていましたか?
最期の最期まで同じ場所にいたんだから
きっとそうだったんだよね。
だけど、その最期はどうか私に見送らせて下さい。
何もできなかったせめてもの償いに。。


少し仕事を抜けさせてもらって
これから火葬場へ連れて行ってきます。



本日もポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓
愛知県 豊橋市 猫 里親募集

written by momotan


Posted by よもも
comment:6   trackback:0
[猫のこと・・・
comment
泣けますね(p_-)
でも、ちゃんと葬って貰えて幸せです。
彼女の天命が全うされたのだと思います。
ももたんさんと出会えて彼女は良かった、って私は思います。

友人の猫カフェに酷い状態の乳飲み子が3匹捨てられて
友人は怒り心頭ながらも放ってもおけず育児しはじめました。
時間がおありの時にでも「チグラバナシ」見てみて下さい。
飼えないのなら増やして欲しくないって、本当に思います。
2011/11/05 11:57 | URL | edit posted by かぺる
ご冥福をお祈りいたします(-人-)

触れなくても
最期にご縁があったのは
あなただから託すわ、というニャンコちゃんの言葉に思えます
よももさん、ありがとうございました
2011/11/05 15:38 | URL | edit posted by ぽこ丸
冥福を
はじめまして、ご冥福をお祈りしています。名もなき猫ちゃんへ…私の先月末と同じですね。私は保護できましたが(記事に太陽君)もしかして、うずくまり生きているかな?と考えました。太陽は生きていました、名もなき猫ちゃんは一足違い、暖かく見送って下さいました。私はお礼申し上げます。有難うございました。
2011/11/05 19:11 | URL | edit posted by サビママ
かぺる様

彼女がちゃんと見つけられるところにいてくれた事にありがとうって思いました。
そして私が手を差し出せるところにいてくれた事。
いつもいるところでは連れて帰る事はできなかったので。

猫カフェさんのブログ拝見しました。
猫を裏切るのは人間、でも、救えるのも人間なんですよね。

こんな事の繰り返しがいつまで続くのでしょう。
避妊去勢の大切さ、心無い人たちにどうしたら伝わるのでしょう。
今は辛い想いをした猫に会うたびに、ただただ謝る事しかできません。

2011/11/05 21:49 | URL | edit posted by ももたん
ぽこ丸様

そう言っていただけると私自身も救われます。

いつも目は合っていたのに、会うたびにこっちにおいでと念じていたのに
こんな悲しい結果になってしまいました。

保護できたのならもう少し生きられたんじゃないか、
もっともっとお腹いっぱい食べさせてあげられたんじゃないかって
まだそんなふうに思ってしまう自分がいます。

でも、最期を私に託してくれたのなら、それでも十分意味があったと思います。
それだけでも感謝しなくちゃいけませんね。
2011/11/05 21:59 | URL | edit posted by ももたん
サビママ様

かすかでも息はしていないだろうか…何度も確認しました。
もしかしたらまだ生きてるんじゃないかって。
でも、すでに逝ってしまったあとでした。
もう少し早く見つけてあげられればと心残りです。

太陽君は最期は人間の温もりに包まれて旅立てたんですね。
たった一人で逝かせてしまうのは本当に辛いですから…。

私は彼女が一生懸命生きていた事を知ってもらいたくて記事にしました。
写真は1枚もないのですが、それでもこうして彼女の事を想ってくれる方たちがいて
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
2011/11/05 22:20 | URL | edit posted by ももたん
comment posting














 

trackback URL
http://yomomotan.blog134.fc2.com/tb.php/452-e4750242
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。