スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よもも
 
[スポンサー広告
心の声
今思えばちょっぴり譲渡が難しいかな?と思われた子って
結構いたなぁって思う。

私が保護した、「雪見ちゃん、大福くん」


20110922-5.jpg

この子たちは、今、我が家で家猫修行中のはっちゃんの実の子供です。

当時の私は、はっちゃんは手術してリリース、
仔猫は保護して里親探しの選択をしました。


20110922-1.jpg

はっちゃん自身が生粋の野良っ子だったからか、保護当時はお子様たちは
当然ながら人間が怖くて、怖くてしょうがありませんでした。

しかし、まだ猫の事に関わりだして経験も浅かった私が、
想いは必ず通じるのだと思うようになったのは、この子たちと
出会ったからだと思います。

私を見るたびにシャーシャー言っていた2匹も、いつしか言わなくなり


20110922-2.jpg

他の子たちと遊ぶようにもなりました。
(真ん中のチャイロの子はまだ純粋だった頃のチャロちゃんです(⌒∇⌒))


20110922-3.jpg

表情もいつしか柔らかくなり


20110922-4.jpg

早くご飯ちょうだーいっ!!
って立派に自己主張もできるようになりました。


そして何よりの幸せは、一生の家族ができたこと。

怖がりの2匹に声をかけていただいたのは、小学生の子供さんが二人いるお家。
ステイの期間中、暴れん坊事件を数回起こしたこの怖がり兄妹。
初めての猫との暮らしは、理想通りすんなりいくものではなく手は傷だらけ。
それでも猫を手離すという選択は、子供さんたちが絶対にしなかったんだと聞いています。


20110922-6.jpg

だからこそこうして抱っこができるようになった姿を見た時
ももたんは本当に、嬉しくて嬉しくてしょうがなかったんです。
この二人のお姉ちゃんには今でも感謝の気持ちでいっぱいです。


新しく家族を迎え入れる時、自分の思いとは違う事が起きても当然なんです。
なぜなら相手は私たちと同じ、心のある生き物だから。
その子の心の声に少し耳を傾けてあげてください。
どうしてこうなるのか、ちょっと立ち止まって考えてあげてください。

なぜシャーというのか、なぜ鳴くのか。
それは怖いから、そして不安だから。

迎えた側が想定外の出来事が起き不安に思うのであれば、
迎えられた側は保護先を出発したその時からもっとずっと不安なんだということ。
そして、その気持ちが消えるのにはどうしても時間が必要なんだということ。

言葉が話せない相手だからこそ、心のアンテナだけはしっかりと
持っていたいですね。
だってそれを乗り越えたら、最高の家族になれるんですから。


実家の玄関を開けたら、みーちゃんが普通に家の中におりました。
養生もしっかりしてきたのに、いったいどこから入っているの?
まぁ、ここに住みたいんだよね!
お母さんに言っておきます( ̄ー ̄)ソレデモムリカ?

本日もポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓
愛知県 豊橋市 猫 里親募集

written by momotan
Posted by よもも
comment:4   trackback:0
[ぼそぼそ
comment
ももたん。その通り!

悲しい事に・・・・。
犬や猫に感情があるって、感じている人って案外少ないような気がします。


そうそう、「雪見&大福」の里親さんの辛抱強さ、優しさは、あっぱれでしたね!
猫たちの感情をしっかり理解してくれていたんだよね!
とくに、お姉ちゃんたちが・・・・。

実は、あの時は、戻ってくると覚悟してました。
2011/09/30 10:13 | URL | edit posted by よもたん
よもたんへ

里親さんには、その子を迎え入れようと思った時の気持ちを忘れないで欲しいなって思います。

猫自身も新しい環境が不安でもそれなりに順応しようって頑張ってます。
だからこそ人間側には努力が必要。
うまく馴染むようにサポートしてあげられるのは人間にしかできないことだと思いますから。

この時は小学生のお姉ちゃんたちに学んだ事も多かったです。
子供の方が純粋な分、ガンバリ屋さんなのかもしれませんね。
2011/09/30 14:31 | URL | edit posted by ももたん
その猫さんの全てを受け入れて愛してあげてほしいです。そこからスタートです。
猫に癒しや馴れてくれることを求める前にまず自分がその猫さんのためになにができるのか?その猫さんの過去にも思いを馳せてほしいですね。
2011/10/03 14:53 | URL | edit posted by ちょこまま
ちょこまま様

家族としてやっていけるかを見極める期間でもあるステイ期間。
だけど、出戻りはなるべくさせたくないのが本音です。
行ったり来たりは猫にとって心の負担が大きいと思うので。

こういうことも踏まえ、ステイ前にはマイナス面と思われる事も
当然包み隠さず話すようにしています。
また、多頭飼いの経験者として先住との関係についてもアドバイスできる事は
させてもらってます。

2、3日で決断してしまうのは正直早すぎます。
特に順応するのに少々時間のかかる大人猫さんの場合は特に。。

動物は愛情を注げば、必ずそれ以上のものを返してくれます。
まずは人間が頑張ること。本当にそう思います。
2011/10/04 09:40 | URL | edit posted by ももたん
comment posting














 

trackback URL
http://yomomotan.blog134.fc2.com/tb.php/410-1501a91e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。