スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よもも
 
[スポンサー広告
耳の聞こえない猫「もみじちゃん」
しばらくこの記事をTOPにします。



大切な大切な命です。飼う為のお約束がいくつかあります。
里親になる前にを必ずお読みください。






以前、隣の市でTNRをした時に知り合ったEさん。
最初は地域猫活動を理解してもらえず、どうしたものかと思ったのも数年前の話。

今は、野良猫が来たら、手術をして地域猫としてご飯をあげてくれてます。
当時は数十匹もいた野良猫が今は2匹になったんだそうです。


そのEさんから

茶トラの小さい男の子がいるんだけど・・・。
なんだかその子、耳が聞こえないみたいなんだけど、そんな子っている?

と、連絡を頂きました。

取りあえず、まず手術だけをお願いしました。


20151222_02.jpg

手術済のマークでもある、「耳カット」もして、地域猫として面倒を見てもらうことにしました。

そして、そして男の子ではなく女子でした。
(茶トラの女の子って、あんまりいないんですよ!)



耳が聞こえないから、

20151222_03.jpg

Eさん宅から離れず、こうやって丸まっていたそうです。




ハンディーがあるから、なんとか時間がかかっても里親探ししてみる!

とEさんに宣言したものの、
ハンディーがある子を受け入れてくれる人がいるだろうかと半泣き状態のよもたん。



そしたら、案外近くに赤い糸があったんですよ。


ポロっとこの子の話をしたら、あれよあれよと話が進み、
今は、よもたんのお友達のお家にステイ中です!





実は、よもたんはこの子に会ったことがありません。

嬉しいことに、会いに行く前に、この話が進んでしまって・・・。


だからステイ中のお宅によもたんが押しかけてしまいます!!!!!




Eさんが名づけた、「茶っちゃん」。

今は、「もみじちゃん」というかわいいお名前をもらいました。

2つの名前を持つ、耳の聞こえない猫。

「茶っちゃん」と名付けてくれた人がいたから、そして「もみじちゃん」と名付けてくれた人もいるから、
君は幸せになれたんだよ!



今回の譲渡ほど嬉しいことはないかもしれません。
ハンディのある子でも、こうやって受け入れてくれる人がいるんですもん!


もみじちゃん、あとは幸せ街道まっしぐらでいきましょう!!!!




本日は猫友との忘年会です!
さぁ~、猫の話をいっぱいして飲むぞー!



本日もポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓


written by yomotan
Posted by よもも
 
[猫のこと・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。